クレジットカードを発行したことがある方はご存知かもしれませんが、クレジットカードにはキャッシング機能がついているものがあります。
このキャッシング機能は利用限度額を設定して申し込むことによって、キャッシング機能を使うことができるのです。
ですのでクレジットカードを発行する際にキャッシング機能を付帯することができるようになっています。

キャッシング機能はつけているし利用可能額も設定されているけれど実際には使っていないという方も多いかもしれません。
ですがそんなキャッシング機能がついているクレジットカードは注意が必要です。
クレジットカードを生活の中で多く使用しているという方も多いです。
ショッピングを行う時やまた銀行のクレジットカードであればATMからお金をおろす時にも使用しますよね。

そんなクレジットカードですが、最近ではスキミングの被害にあったという方が増えているので危険な面もありますので注意する必要があります。
スキミングとは、カード情報を読み取ることができる機械であるスキマーやスキミングマシンと呼ばれるものを使用してカードに記録されている情報を読み取って偽造カードを作って不正に使用するという行為です。
スキミングをされたことには気が付きにくく、カードの利用明細を見て初めてスキミングされていることに気が付くという怖いものなのです。

またキャッシング機能においてもスキミングにより不正利用されてしまうことがあります。
勝手に自分のカードを使ってお金を借りられてしまうのです。
ですので使っていないのであればキャッシング枠は廃止しておいた方がいいでしょう。