クレジットカードを発行する際にクレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があるというのを知ることかと思います。
このショッピング枠とキャッシング枠は違いがあります。

まずショッピング枠はショッピングをする際に利用することができる利用限度額のことです。
そのクレジットカードを使って支払いをするにあたって、合計で月に使用することができる限度額になります。
そしてキャッシング枠はキャッシングで利用することができる利用限度額のことです。
ショッピング枠では商品の支払いにカードで払って後からその代金を支払うというのに比較して、キャッシングをしてその枠内でATMから現金を引き出して現金を手にするというものになります。
ですのでキャッシング枠での利用の返済の際には利用手数料や金利が上乗せされます。
またこの二つだけでなく総利用枠というものがあります。
この総利用枠はショッピング枠とキャッシング枠を足したものです。

ではキャッシング枠が足りなくなったけれどショッピング枠がまだ余っている場合、その余ったショッピング枠をキャッシング枠に回すことはできるのでしょうか。
それは残念ながらできません。
ショッピング枠はあくまでもショッピング枠であり、キャッシングすることができるものではありません。
キャッシング枠はその決められた利用限度額内でしか行うことが出来ないのです。

でもどうしてももっと金額を増やしてキャッシングしたいというのであれば、増枠の申し込みを行う必要があります。
もちろん審査は必要になりますが、増枠可能になる可能性もあります。