キャッシングを行う際に申し込んで審査に通って契約が完了すればいくらでも借りることができると思い込んでいる方もいらっしゃるかもしれませんが、残念ですがそのようなことはありません。
キャッシングを行うにしても利用限度額が設けられています。
この利用限度額というのはキャッシングすることができる、限界の金額です。
審査の際に利用限度額は決定します。

貸金業法の総量規制という法律によって消費者金融などの貸金業者、ノンバンクでの借り入れは年収の3分の1までしか借りることが出来ないと定められています。
銀行は対象外となりますが、審査は比較的厳しいです。
またそう定められているからといって年収の3分の1ぎりぎりまで借りることができるかというとそうではありません。
年収、信用情報、資産、職業、業務内容、雇用形態、持ち家か賃貸か、同居している家族、など様々な顧客の情報から判断して利用限度額が決められるのです。
年収の3分の1ぎりぎりまで借りることはまずできません。
毎回きっちり遅れずに返済していくことで貸金業者の信頼を得て、利用限度額の増額を行うことができます。

利用限度額の増額を申し込むにあたって、増枠できるタイミングというものがあります。
契約して返済を1回しただけで増枠ができるというわけでもありません。
各貸金業者によっても条件は違いますが、その条件では何度か返済できていたり一定の期間が経過していて、返済時に延滞をしていないといったことが条件となるケースが多いです。
また貸金業者側から増額の案内が来るケースもあります。